Day: November 21, 2015

Swift:iTunes Connect向けのHP作成

1.0 提出準備中をクリックしたら、やらないといけないことが出てきました。

  • サポートURLを登録するためにサポートのwebページを作成しました。
  • マーケティングURLを登録するためにWhat’s newのwebページを作成しました。
  • 最大5枚のスクリーンショットを作っています。
  • 概要はマニュアルから転記予定ですが、宣伝用に見てくれを調整する必要がありそうです。
  • 日本語版をどう表現するか、少し考え中です。

アプリ用のHPをブログの固定ページを使って新たに作成しました。これは元々ボランティア活動のために用意していたものを修正して再構築しました。

3ページだけなのですが、iCloudドキュメントを共用したものですから、そのやり方がよくわからなくて時間がかかってしまいました。最終的にPagesがread onlyで使えることがわかったので、ドキュメントの修正の手間を考えると、PDFに落とすよりも効率がいいだろうと考え、iCloud / Pagesを使うことにしました。

久しぶりにFacebookを開いたら、知り合いから友達申請が来ていました。特に断る理由もないので承認しました。3月から更新していないので、たまには更新するべきかもしれません。ただ、FBは実名による虚構というか虚妄というか、深い闇があり、ブログが気楽かなあ、と考える日々が続いています。Twitterも似たり寄ったり。

Swift:iTunes ConnectマイApp設定

iTunes ConnectのマイAppを設定しました。

引き続き調べていたら、マイAppに登録しないといけないことがわかりました。

不明点:

  • バンドルIDのサフィックスがこれでいいかどうか?
  • info.plistに設定が必要というブログがあったのですが、ここを変更すると新たなリスクを抱え込む気がしたので変更しませんでした。なお、info.plist.fileには、MesaExif/info.plistという値が入っていました。

設定内容:

  • 緑色は自動で表示される内容、オレンジは設定した値、黄色は追加で設定した値(選択した内容)になります。
  • SKUに#は使えませんでした。「半角の英文字、数字、ハイフン、ピリオド、および下線」が使えます。

スクリーンショット 2015-11-21 06.24.53

サブカテゴリは、デザインにするかどうか迷ったのですが、多分、Exifをいじりたいのはプロのカメラマンとかに限られると思い、仕事効率化にしてみました。まだ、なにも先に進んでいないのですが、1.0提出準備中が表示され、少しうれしくなりました。こんなことでも励みになります。

ここでの問題は、何と言っても、サフックスが正しいか。これでXcode設定と紐付けできるかどうかです。ところで、iTunes Connect の日本語での説明がありました。

参考:iPhone実機デバッグの手順

App情報を保存していなかったのか、今、保存したら、アプリのスクリーンショットをドラッグする画面が出てきました。少し前進。