Swift

Swift:iTunes Connect向けのスクリーンショット作成

少しわかってきました。iTunes Connectの手順に従い、作業をすればいいようですね。

アプリ紹介用のスクリーンショットを5枚以内で作成することになっています。解像度とファイルタイプを指定のものにする必要があります。

英語と日本語で4枚作成しました。

今、解像度を合わせる方法を考えています。この前、Keynoteを使ったような気がしたので、PagesからKeynoteにcopy and pasteして作り直しました。このあとスクリーンショットをGraphicConverterで変換した方がいいかどうか?

これがすめば、1.0提出準備はかなり終わります。

やり方がわかったのでメモします。

2,560 x 1,600 & .PNGでスクリーンショットを作る方法

  • Keynoteのページサイズを2,560 x 1,600にします。
    スクリーンショット 2015-11-22 22.57.31
  • これでスクリーンショットを撮る画面を作っていきます。
  • 最終確認はしていませんが、Keynoteだけで所定の仕様のスクリーンショットを作成できます。作成手順は次の通り。

File➡️Export To➡️Images…を選択

スクリーンショット 2015-11-22 22.58.03

AllとPNGを選択

スクリーンショット 2015-11-22 22.58.37

ファイル名を入れてExportをクリック

スクリーンショット 2015-11-22 22.58.53

追記:以前、Keynoteを使ったのは、アイコン登録のときでした。丸く切り出すときに使いました。

Categories: Swift, 技術