Swift

Swift:iTunes Connectへのアップロード?

ようやくあと一歩というところに近づいています。しかし、最後のステップはまだまだ?

ビルドをiTunes Connectにアップロードすれば終わりというところまで来ました。「多分」です。

しかし、ここで問題があることがわかりました。使っているOSがベータバージョンの場合、申請が拒絶されるそうなのです。正式バージョンのリリースを待つか、MacBook Airでアップロードだけやるか?

それは何とかなりそうです。それで、現時点の真の問題は「ビルドをiTunes Connectにアップロードする」ということがどういう手続きなのか、わかっていないこと。

あと、オプションなのですが、webページにプライバシーポリシーを書いた方がいいようです。オプションとはいえ、当然必要なことですよね。

一歩前進、二歩後退。

追記:2つのヒント

  • Xcode➡️Open Developer Tool➡️Application Loader
  • Product➡️Archive

追記(11/24):少しわかったこと

  • Application LoaderはiTunes Connectの設定と等価?
  • ArchiveはビルドをiTunes Connectに入れる機能?
  • Wild card app idをリリースに使えるかどうか?Archiveの結果、Provisioning profileがまちがっているらしい。App IDがabc.*のような形式のとき、Xcodeのbundle identifierにabc.*と書けない。copy and pasteするとabc.-になる。どうかくのだろう?そもそもリリースには、使えない?
  • アプローチ:①provision fileの再作成、②Certificateの整理、③App IDの新規作成とやり直し

追記(11/24):なるほど。

  • App IDのabc.*をXcodeで指定し、iTunes ConnectでもそのApp IDを登録していたつもり。しかし、実態はそうでなく、In-App purchaseを設定したApp IDのefg.アプリ名を使っていた。
  • 無関係なabc.*を削除して単純化。
  • Archiveを実行したら、Sanboxを設定するように指示があったので、このあと設定して再度トライ予定。

追記(11/24):Sanboxを設定

  • 現時点での課題は、Sandboxの問題をどうクリアするか。
  • Archiveでアプリのアップロード自体はうまく行っていることを確認できた。
  • Application Loaderを使う場面はあるのか?

XcodeのBuild SettingsのCode Signing Identityの設定

  • Debug: Mac Developer
  • Release: 3rd party Mac Developer Application

XcodeのBuild SettingsのProvision Profileの設定

  • Debug: Automatic
  • Release: 作成したProvisionのName

Categories: Swift, 技術