Swift

Swift:いよいよ完了!?

登録用のアプリでvalidation checkがOKになりました。

Screenshot 2015-12-02 17.07.24

長い道のりでしたが、あとはUpload to App Storeをクリックするプロセスだけになりました。

ここでSandbox対応で気をつけないといけない点と不明点についてメモします。

  • filepath(folderpath)は、SandboxがONになっている場合、Bundle Identifier(バンドルID)+アルファが付加されます。Read/Write自体はそのpathで可能です。
  • 問題は、UIにfilepathを表示したい場合、その付加情報をどうするかです。自分の場合、オリジナルのpathを表示するようにしました。もっとも、full pathを表示するのがMacらいしいかどうかは別問題です。
  • In-App Purchaseは、Xcode CapabilitiesでOFFでOKになりました。このあと、App StoreにuploadするときにNGになる可能性はありますが、現時点での結果は、Certificates, Identifiers & ProfilesのIdentifiersもProvisioning ProfilesもIn-App PurchaseがEnabledでも、In-App PurchaseはOFFでOKです。アプリで組み込んでいないこともあり、この方が実態と合っています。
  • アイコンの組み込みで少し妙な現象が出ました。iMacで評価して、正式リリース版のOSが入っているMacBook Airで登録作業をしています。ソースコードをcopyしたらJSONがnot validだというエラーが出たので、改めてアイコンを同じ場所からcopy & pasteしたらOKになりました。何なのでしょうね?
  • Code Signing Identityは全部Mac Developer、Provisioning profileはAutomaticになっています。ReleaseがMac Distributionにすると参照したブログではなっていましたが、この後、ここが問題になるかもしれません
  • Sandbox絡みでUIを少し変更したのと、写真を探すフォルダがPicturesだけになったので機能制限が出てきました。操作手引書と登録用のスクリーンショットを修正しなければなりませんでした。
  • また、iTunes ConnectのSandbox関連のコメントも全部修正しました。
  • iTunes Connectの「ビルド」は、+をクリックしたら追加されました。Appアイコンはどうすればいいのでしょう?「審査へ提出」をクリックすればいい?よくわかりません。
  • わからないので、「審査へ提出」をクリックして、暗号化もコンテンツ配信件もNoをチェックしました
  • iTunes Connectの画面をreloadしたらyour version is waiting for reviewが表示されました。これでいいのかなあ?
  • The status for the following app has changed to Waiting For Review.というメールが来ました。

追記App StoreへのuploadもOKになりました。1回うまく接続できなくてtime out したのですが、private VPNをOFFにして再実行したらOKになりました。きょうの夜はきっとビールが美味いに違いありません。もちろん、飲めたらの話。アルコールは全く飲みません。というか、3年前から全く飲んでいません。

Screenshot 2015-12-02 18.12.28

アイコンは何もしなくてもいいでした。時間がたてば表示されます。1月末までに完了すればいいのですが・・・。

スクリーンショット 2015-12-02 20.15.11

Categories: Swift, 技術