Swift

Swift:MesaExifが承認されました!

MesaExifがAppleから承認され、AppStoreの販売棚に並びました。

今朝、Appleからアプリの承認の連絡がありました。Apple MenuをプルダウンしてApp StoreでMesaExifを検索すると、確かに販売されています。無料でもよかったのですが、問い合わせ対応が手に負えなくなるといけないので、有料にしました。

アプリ向けのページはここです。ユーザーズガイドも入っています。

アプリ登録ははじめてだったので、Appleから指摘されたUI周りの修正に時間がかかってしまいました。この修正はプログラムが軽くなるので「良いこと」と受け止めました。

修正前のものはlook and feelがAppleらしくないというよりか、Windowsの出来の悪いアプリという印象でしたが、修正によってお利口なAppleアプリに変身しました。プログラム的には、NSOpenPanel / NSSavePanel / Sandboxにか関わるものです。Sandboxの留意点は、ユーザーがread/write指示した以外のファイルアクセスは行わないが基本で、どうしても必要ならLibraryを使うというAppleの規約に従う必要があります。

修正版は先週の土曜日の夜にpostして、今朝、完了通知が得られたので、Appleのレスポンスの良さに感心しています。2回目でクリアできたのは何よりです。

目下、次のアプリを2月中にリリースするべく取り組んでいます。内容は、swiftのソースコードを解析し、モジュール構造をリストアップする開発ツールです。開発/改造はほぼ終わっていて、あと、ドキュメントとマイナーな改善がいくつか残っているだけです。

Screenshot 2016-01-27 09.47.00

Categories: Swift, 技術