Swift

Swift:文字抽出とブランク

キーワード抽出などのとき、連続する文字列の中からブランクを呼び飛ばします。

ここで気をつけないといけないのが、”  “と” “。なんのことやらわからないと思いますが、2バイト文字の空白とタブをどう扱うか決める必要があります。

そうしないと、たいへんな目にあってしまいます。スペースを除去しているはずなのに、ノイズが入ってくるため”=”や”:”を検出できないことになります。二日間、すっかりこの問題にはまってしまいました。

今回の場合、悪いことに読み込んでいたファイルが違っていたため、状況はさらに悪いでした。あるべき文字列が入ってこないからです。

情けない。疲労困憊しました。スペースを除去するNSStringがどうなっているか、あとで調べる必要があります。ここで躓くと元も子もありません。

Categories: Swift, 技術