つれづれ

徒然:英語?自分はどうなんだ?

それで、自分の英語力はどうなのですか。

確かにいい質問です。自分のことは棚に上げられません。

結論から言うと、完璧です。読み書き、話す、聞く、全部できます。しかし、本当のことを言えば、残念ながら「完璧にいい加減に終わってしまった」というのが結論です。

15年くらい英語が必須の仕事をしました。シリコンバレーの企業と東海岸の大手企業が相手先でした。新商品リリースをする仕事では、、ソフトウェア/ハードウェアの設計・開発、生産、品質管理、パーツ供給、販売、サポート、教育、プロモーション等、新商品にまつわるすべての工程をマネージして、所定の売上高と利益を達成することが求められます。やる気だけでなく、高い能力があるに越したことはありません。あちこちで英語は必須でした。

もちろん、自分にはそうしたすべてをカバーできる専門的知識がないので、ほかの専門家や部門に多くを依存しました。企業規模が小さいと自己完結できるのでそうした役割は必要ないのですが、企業規模が大きくなるとそれぞれの部署が特定の役割に特化・細分化されていますから、全体のマネージが重要になります。

マネージを管理(control)だと勘違いされる方のために一言申し上げるなら、マネージは問題点を見出し、課題に落とし、課題を解決するための対策を立案/進捗フォローをすることと、全工程をリソース(ヒト・モノ・カネ)を投じて動かすことです。そのためには、経営に対して提案をし、承認してもらい、承認事項をもって業務命令として実施するプロセスを踏みます。学校と違うところは、こんな良い案があるのですが、「やってもいいですか?」でなく、想定される「成果を引き出すには、これだけのリソースを投じて実施する必要がある」という点です。賛成・反対、好き・嫌いに関係なく、「経営として実施命令を出す」ということですから、承認されたらmust doになります。

そういうこともあり、仕事に国境はなく、米国だけでなく、オーストラリアを含む東南アジア諸国にある子会社ともTV会議やミーティングがしょっちゅうありました。英語は必要条件であり、それ以上でもそれ以下でもありません。業務ですから、自分が通訳をしないといけないことはあっても、通訳がつくことはありません。それに、相手はいつも何人もいて、一人だけということはありません。したがって、中身はどうであれ、すぐに度胸だけはついてしまいます。

英語が必要だとわかり、40過ぎてから4年間、猛烈に英語の勉強をしました。いわゆる自学習。会話は実戦で鍛えられるので、読み・書き、リスニングを中心に勉強しました。そして、ある日、はじめて見る英語の文字ばかりのプレゼンが一目見ただけで何を言いたいのか、わかったのです。もうそのときには、相手が何を言っているかもわかるし、自分がいいたいことも事前に何も準備しなくても喋れるようになっていました。

英語は、喋る能力よりはリーディングとリスニングが重要なのです。それは、自分が喋る間、相手は話し終わるのを待ってくれますが、リーディングとリスニングは私のことなど構わず先へ先へと進むからです。

それで、私も完璧になったものだ、と思ったのですが、よくよく考えてみると、仕事の段取りを覚え、仕事の内容をわかるようになったことで勘が働くようになっただけでした。想定されるテーマと課題の総体に想定外のものはほとんど入る余地がないですから、英語を読むまでもないでしょう。

英語を使う機会がないと勉強に身が入らないのは本当です。しかし、若い人、特に学生さんと30歳前の方には、ぜひ継続的に英語の勉強をするようにお勧めします。大学を卒業してから20年も経ってから勉強するようでは、ダメです。年をとってからの勉強は決して無益、ゼロではないのですが、私の場合、今一歩、完璧に近づけませんでした。20代、30代でせめて1,000冊くらい読んでおけば、きっともっと違ったのではないかと思うのです。後悔先に立たずです。

Categories: つれづれ, 技術