Swift

Swift:正規表現オブジェクトを生成

サンプルプログラムを参考にして以前作成したフィルタの一部を配列にして正規表現オブジェクトを生成してみました。

495フィルタのうち、21個エラーがありました。エラーを見つけることが目的ではなかったのですが、生成手順はこれでよさそうです。LT.filtersはフィルタが定義されているNSArrayです。

生成したものをどう使えばいいかは、次の課題。それによっては、regexfiletersにsaveする。

var wErrorCount:Int = 0
var regex: NSRegularExpression = NSRegularExpression()
let fileters:NSMutableArray = []
for inx in 0 ..< LT.filters.count {
  do {
    let pattern = LT.filters[inx]
    regex = try NSRegularExpression(pattern: pattern as! String, options:.CaseInsensitive)
 } catch let error as NSError {
    wErrorCount += 1
    print(inx, wErrorCount, error)
 }
    print(inx)
    fileters.addObject(LT.filters[inx])
 }
 print(“\(regex)”)

ここまでは、いい線行っているのですが、このあとが続きません。マッチングで滞っています。そのあとの置換は前に書いた通り、文字列での確認はできていますが、正規表現は未了です。

Categories: Swift, 技術

Tagged as: