Swift

Swift:再開時の条件のsaveとrestoreを実装

アプリを終了するときに再開環境をsaveし、起動時にrestoreする実装を行いました。

一時ファイルに書き出した.webarchiveファイルやその管理情報である表情報などをユーザファイルにsaveし、アプリ起動時にrestoreするようにしました。この実装は、Objective-Cで書いたMesaClipの方式を踏襲しました。

archiveRootObjectとunarchiveObjectWithFileを使いました。

一点だけ、ファイルがnilの場合(if NSKeyedUnarchiver.unarchiveObjectWithFile(A.mesaWebFileURL.path!) != nil {)、restoreを行い、nilのときは何もしないように追加しました。

saveしたい情報に、URL管理情報もあるので、あとで実装したいと思っています。

Categories: Swift, 技術