Swift

Swift:ファイル割当の変更(NSOpenPanel)

管理ファイルが2つ必要になったので、ロジックもついでに変更しました。

キャンセルのときだけ割当のループから抜けるようにしました。

  • NSOpenPanelで割り当てられないとき(キャンセルされたとき)、NSSavePanelで新規にファイルをアサインする。
  • NSSavePanelでもキャンセルされたとき、nilを返し、呼び出し元でexit(0)でアプリをターミネートする。
  • ファイルタイプを1と2で使い分ける。実際の用途も別々。
  • ファイルタイプが順番に入ってこない可能性があるので、チェックする。
  • NSOpenPanelは複数ファイルを指定できるようにするが、先頭2個だけを有効とする。
  • NSSavePanelはひとつずつ割当処理をし、メッセージで識別可能にする。

Screenshot 2016-05-30 15.40.46

実際のファイルの割当は、実行時(アプリターミネート直前)に行われます。

Categories: Swift, 技術

Tagged as: ,