Swift

Swift: Xcode 8.0(Swift 3.0)

Xcode 8.0がリリースされましたね。

Swiftのモジュール構造図を作成するMesaMethodAnalyzerをSwift 3.0対応にコンバージョンしました。ボロボロになるのではと心配でしたが、エラーが15個と少なく、ホッとしています。種類的には次のようなものがありました。

if wcolumn == “” { }
if String(describing: wcolumn) == “” { }

返り値をチェックしていなかったので_に追加・変更
ExecCheckRecursive(wRow, pinxExec:inxExec,
_ = ExecCheckRecursive(wRow, pinxExec:inxExec,

nilが返ってくる可能性がある
let wURL:URL = ExecGetExportURL()
let wURL:URL? = ExecGetExportURL()

wUELがnilでないことを事前に確認済み
ExecExportEmoji(wURL)
ExecExportEmoji(wURL!)

先程の呼び出された側のメソッド
func ExecGetExportURL() -> URL {
func ExecGetExportURL() -> URL? {

NSURL()を返していたがnilを直接返す
if wExportURL == nil!   { return URL() }
if wExportURL == nil!   { return nil }

配列を[NSURL()]で初期化していたものを[]に変更
var wPhotoURLArray:[URL]  = [URL()]
var wPhotoURLArray:[URL]  = []

動いているので、多分、これで問題ないと思います。アイコン登録で警告が出るようになりました。対処の仕方は?です。これはをMissing fileというワーニングが出るを参考にして、ためしにやってみたら警告が消えました。Objective-Cの補足説明のようですが。

Categories: Swift, 技術

Tagged as: ,