iOS

iOS:かなりきびしい

MacからiPhoneにファイルを持ってくるだけなのですが、これがなかなかうまくいきません。

iOSでそれなりに動くように何行かコードを書きました。ファイル共有がiColudコンテナを使ってうまくいかなかったからです。macOSとは、想定した以上に間引きがあり、同じにはいかないことがわかりました。

きょうは、Bluetoothを使ったAirDropでファイルを持っていく方法をためしたのですが、とても悲しいことにiPhoneではできないことがわかりました。iPod Touchは端末側からキックすればiMacとつながることがわかったのですが、iPhoneはそもそもiMacを認識しないだけでなく、端末を全く認識しません。Bluetoothがハード的に故障しているようです。

散歩を兼ねた買い物から帰ってきて、ようやく故障という結論に達しました。

あとはiTunesでの共有。アプリがiTuneファイル共有にできればと探したら、意外に簡単にできることがわかりました。plistにApplication supports iTunes file shareing を追加して、YESにすればいいです。

今から、iTunes共有したファイルの読み方を試します。正確には、どこにファイルがあり、どう読み込めばいいか調査します。

ただし、この方法を採用した場合、ファイル共有というよりか、ファイルの転送になるので、iPhoneで処理後にiMacに転送(save to)する必要があります(多分)。

Categories: iOS, Swift, 技術

Tagged as: , ,