Swift

Swift:MesaExifがAppleから承認

MesaExif 1.3.0がAppleから承認されました。

入院中にXcode8.3.3へのコンバージョンをし、退院後に評価したのですが、いろんな躓きもあり、承認を得るのに時間がかかってしまいました。

主な変更点は次の通りです。

  1. MesaExif v1.3.0はmacOS 10.12以降で動作します。
  2. このリリースの主な目的は、バグフィックスとXcode 8.3.3への対応になります。
  3. v1.3.0では、ファイルタイプが.PNGか.pngのとき、編集可能となり、次のように値を連動して設定します。

    PNGDescription → TIFFImageDescription
    PNGTitle → IPTCObjectName
    PNGAuthor → TIFFArtist
    PNGCopyright → TIFFCopyright

    TIFFImageDescription → PNGDescription
    IPTCObjectName → PNGTitle

  1. 辞書間の区切り線はValueとReferenceかラムで設定しないように変更しました。
  2. Valueカラムの文字色は青色になります。
  3. Referenceカラムの文字色はグレーになります。
  4. PNG辞書の初期化ができるようになりました。
  5. アプリケーション名はMesaExifになります。従来はMesaExif2015でした。

Categories: Swift, 技術