Month: April 2018

Swift4:iOSでのファイルハンドリング

iOSアプリでファイルの読み書きをしたいとき、アプリフォルダに入れるのが簡単です。

iCloudコンテナを使ってみたのですが、要領が悪いせいか、最新ファイルを確実に得ることができず苦労しました。その点、この方法は確実です。

info.plistにつぎのキーを追加し、YESにします。

Application supports iTunes file sharing
Supports opening documents in place

ファイルは次の場所にあります。ファイルアクセスは通常の方法で可能です。

Screenshot 2018-04-26 07.11.49

参考:iOS 11ファイルAppにDocumentsフォルダを表示して他のアプリと共有する方法

Swift4:ソートのNSStringを変更

NSStringが少し危ない件、最後に残っていたソートのNSStringも変更しました。

変更点は次のサンプルの赤い文字の部分です。

ついでにソートキーの変更はメッセージと同じ方式のモーダルで対処することで設定を簡便にしました。

😂 Before

let wCond:NSSortDescriptor = NSSortDescriptor(key:pIdentifier,
ascending:pSeq, selector: #selector(NSString.caseInsensitiveCompare(_:)))
let wResult = (Z.rcArray as NSArray).sortedArray(using: [wCond])//<– Swift 3.0

😊 After

func ExecSort(_ pIdentifier:String, pSeq:Bool) {
var wFile:String       = “” //Save the current row’s uniq key to find the row after sorting.
  if Z.maybeLastRow >= 0 { wFile = Z.rcArray[Z.maybeLastRow][Z.fFile] as! String }
else { }
  let wCond   = NSSortDescriptor(key:pIdentifier,ascending:pSeq)   
  let wResult = (Z.rcArray as NSArray).sortedArray(using: [wCond]) as NSArray 
Z.rcArray               = []
Z.rcArray               = wResult
  Z.maybeLastRow          = ExecGetCurrentRow(wFile)
yTableView?.reloadData()
}

😊 Reverse

func ExecSortReverse() {
var wFile:String         = “”
if Z.maybeLastRow >= 0 { wFile = Z.rcArray[Z.maybeLastRow][Z.fFile] as! String }
else { }
  Z.rcArray = Z.rcArray.reversed()
  Z.maybeLastRow           = ExecGetCurrentRow(wFile)
yTableView?.reloadData()
}

 

Swift4:NSStringの問題

時々、NSStringを使っている箇所でトラブルが起きるので、この際、代わりの方法を見つけ、改めることにしました。

その中でNSRangeだけが残ったので、次のように対応しました。

func CallGetStringByNSRange(_ pString:String, pRange:NSRange) -> String {
if pRange.location >= pString.count
|| pRange.location < 0
|| pRange.length <= 0 || pRange.location+pRange.length > pString.count { return “” }
    return String(pString[Range(pRange, in: pString)!])        
}

 

Swift4:.htmlファイルとbookmark

bookmarkとして読み込んだ.htmlファイルを書き込もうとしたのですが、うまくいきません。テキストで書き込まれてしまいます。

ない知恵を絞った結果、やりたいことは、

  • デフォルトのbookmarkを利用できるようにしたい
  • ユーザーが固有のbookmarkを使えるようにしたい
という2点に尽きるので、デフォルトのbookmarkはプログラム内に.htmlを定義して読み込むことにし、ユーザー固有のbookmarkは、従来通り、外部ファイルから読み込むことにしました。

.htmlファイルを読み込むとき、今までencodeを指定していなかったのですが、指定できるように変更しました。

プログラムに内包した.htmlファイルの読み込みは意外と簡単でした。

bookmarkの開閉処理でフォルダでbookmarkが泣き別れるとき、これをちゃんと開閉できないバグがあったので修正しました。

Calling sequence to read a user’s .html file.
var wA:String? = Com.CallReadHTMLfile(pFilepath,
pEncode: String.Encoding.utf8.rawValue)

 

func CallReadHTMLfile(_ pFilepath:String, pEncode:UInt) -> String? {//<*Read .html file*
var wString:String?           = nil                             //
    if CallFileExists(pFilepath) == “NG” {                      //This file exists?
       return nil                                               //♻️return♻️ Not exist.
    } else { }                                                  //
    do {                                                        //
        wString   = try String(contentsOf: URL(fileURLWithPath:pFilepath),
                    encoding:String.Encoding(rawValue: pEncode))//Read .html file
    } catch {                                                   //
    }                                                           //
    if wString == nil { return nil }                            //♻️return♻️ error
    else            { return String(describing: wString) }      //♻️return♻️ normal end
}//🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳

◾️How to read a .html file bundled in Swift program

func ExecGetBookmarks() -> String {                      //<*Read a default bookmark file*>
  let wFilepath:String? = Bundle.main.path(forResource: “MesaBookmarks, ofType: “html”)//
  if wFilepath == nil { return “” }                      //♻️return♻️ NA
  else { }                                               //
  let wBookmark:String = try! String(contentsOfFile: wFilepath!, encoding: String.Encoding.utf8)//
  return wBookmark                                       //
}//🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳🐳

Screenshot 2018-04-16 08.03.17

Swift4:Safariコンテンツブロック・メモ

httpからhttpsへのコンバートで副作用が起きました。

何が正しい結果なのかわかりませんが、少しイメージと違う結果になりました。

それにしても、手持ちのフィルタをSafariコンテンツブロックフィルタに移植したのですが、勘違いと錯誤による手間がとてもかかってしまいました。基本の欠如が原因です。

cookieがブロックされているかどうか、どうすればわかるのでしょう?とても気になります。

URLは産経新聞ニュース十段戦第3局 井山裕太十段が勝って3連覇、七冠を堅持「運がよかった」です。

Screenshot 2018-04-12 22.55.55

Screenshot 2018-04-13 04.58.51

Swift4:コンテンツブロックに関わるメモ

忘備録です。

  1. json改を使ったアプリ版で.jsonファイルを取り込めなくなっていたのは、Copy Bundle Resourcesに.jsonファイルを組み込んでいなかったことが原因でした。今回の件がなければ、使うのを諦め、気がつかないところでした。
    Screenshot 2018-04-10 00.19.26
  2. json改を使ったアプリ版では、.jsonファイルを使わず、フィルタをメモリ(プログラム)だけに定義することにしました。ファイルからだと時間がかかる(?)。フィルタはタブやスペースを使って、整理することができました。
    Screenshot 2018-04-10 00.34.38
  3. コンテンツブロックのOn/OffはpWebView.configuration.userContentController.removeAllContentRuleLists()で可能でした。ユーザーがOn/Offできれば、Safari版コンテンツブロックか、私版コンテンツブロックかは問われないため。
  4. 課題(1) Safari版コンテンツブロック(=json改アプリ版)では、どのフィルタがヒットしているかわからないので、コンテンツブロックの統計情報を取る機能を残すことにしました。

    (2) 広告はいいとして、cookieが正しくブロックされているかどうかわからないのが問題。一応、WKWebViewの出口のdecidePolicyFor navigationActionやdidReceiveServerRedirectForProvisionalNavigation navigationで見ていますが、よくわかりません。

Swift4:URLに関わるバグ収束中

Swiftのコンテンツブロックが動かなくなった件、結局、福山氏に問い合わせ、回答が得られ、無事解決となりました。

詳細は、iOS 11 WKWebViewで広告などのコンテンツブロックをするを参照してください。やりとりはブログの下側にあります。なお、その中に動くようになった時点のソースコードのリンクも入れてあります。

これに関して、ほかのサイトも調べたのですが、福山氏のブログ以上の内容は見あたりませんでした。

参考:Introduction to WebKit Content Blockers
参考:Creating Safari Content-Blocking Rules (Apple)

Swift4:URLに関わるバグ修正

かなり苦戦しました。

しかし、バグと不具合を修正できました。
不満な点は多いです。もちろん、完璧は今の実力では望めません。

.jsonベースが動かなくなったことをずっとあとから気づきがっくりしましたが。。。

問題点と対処:

  • コンテンツブロックが急に効かなくなった(Xcode9.3?)。
    →一旦、ファイルベース(.json)を無効にする。これは動くものと信じ込んでいたため、気づきが遅く、致命的だった!
    → macOSから転用したフィルタの構成を全面的に見直し、再構成/追加。
  • 読み込みURLとwebページのURLが異なるために起きる機能不全。
    → リダイレクトのようなものと理解し、管理テーブルで制御。
  • URLの更新・前後への制御が悪い(バグ)。
    → 単なるバグもあれば、全体の制御不良もあったので、URL読み込みのロジックを全面的に再レビュし、処理を一箇所にまとめた(あとでコードをアップ予定)。
  • 検索結果のリンクがduckduckgoとgoogleで異なるものがある。
    → googleなら問題がないが、duckduckgoだと機能不全を起こす。
    → 先の読み込みURLとwebページのURLが異なるために起きる機能不全を参照。
  • ツールバーのボタンがわかりにくい。
    → ツールバーの見直しによる簡素化/登録アプリを意識した修正。
参考
🍎🌝🌝🍎 🅿️URL= http://www.sankei.com/smp/<—-URLを指定
⭕️開始⭕️ 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/smp/ 🅿️CompURL=
🔵終了🔵 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/smp/ 🅿️CompURL= ⛔️読完 🅿️URLRow= 2
⛔️終了⛔️ 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/smp/ 🅿️CompURL= ⛔️読完
*
⬅️⬅️➡️➡️ 🅿️CurrentURL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings 🅿️URL Row= 1<—-Backward
🍎🌝🌝🍎 🅿️URL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings
⭕️開始⭕️ 🅿️CurrentURL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings 🅿️CompURL=
🔵終了🔵 🅿️CurrentURL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings 🅿️CompURL= ⛔️読完 🅿️URLRow= 1
⛔️終了⛔️ 🅿️CurrentURL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings 🅿️CompURL= ⛔️読完
⭕️開始⭕️ 🅿️CurrentURL= https://duckduckgo.com/?q=産経&t=ffab&ia=meanings 🅿️CompURL= ⛔️読完<—-無視
*
⭐️ポチ⭐️ 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/ 🅿️CompURL=<—-リンクをクリック
🍎🌝🌝🍎 🅿️URL= http://www.sankei.com/
⭕️開始⭕️ 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/ 🅿️CompURL=
🔵終了🔵 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/smp/ 🅿️CompURL= ⛔️読完 🅿️URLRow= 2
⛔️終了⛔️ 🅿️CurrentURL= http://www.sankei.com/smp/ 🅿️CompURL= ⛔️読完

Screenshot 2018-04-03 00.23.14

糸島はすっかり春になりました。

DSC_0172