iOS

Swift4:コンテンツブロックに関わるメモ

忘備録です。

  1. json改を使ったアプリ版で.jsonファイルを取り込めなくなっていたのは、Copy Bundle Resourcesに.jsonファイルを組み込んでいなかったことが原因でした。今回の件がなければ、使うのを諦め、気がつかないところでした。
    Screenshot 2018-04-10 00.19.26
  2. json改を使ったアプリ版では、.jsonファイルを使わず、フィルタをメモリ(プログラム)だけに定義することにしました。ファイルからだと時間がかかる(?)。フィルタはタブやスペースを使って、整理することができました。
    Screenshot 2018-04-10 00.34.38
  3. コンテンツブロックのOn/OffはpWebView.configuration.userContentController.removeAllContentRuleLists()で可能でした。ユーザーがOn/Offできれば、Safari版コンテンツブロックか、私版コンテンツブロックかは問われないため。
  4. 課題(1) Safari版コンテンツブロック(=json改アプリ版)では、どのフィルタがヒットしているかわからないので、コンテンツブロックの統計情報を取る機能を残すことにしました。

    (2) 広告はいいとして、cookieが正しくブロックされているかどうかわからないのが問題。一応、WKWebViewの出口のdecidePolicyFor navigationActionやdidReceiveServerRedirectForProvisionalNavigation navigationで見ていますが、よくわかりません。

Categories: iOS, Swift, 技術