Category: 技術

Network with Category 7 Cables.

Category 7 cables are much preferable to get good performance.

Probable issues on network performance are related to “Access to internet” and the load between iTunes Music on iMac and AirPlay on TX-8150 via the wireless network.  As I mentioned the other day, the volume in iCloud has been reduced.

So far, it is good. There is no excuse. The sound quality seems to be better than the previous network structure.

By the way, I gave up uBlock Origin / uBlock / Adblock Plus for Safari but keep Ghostery Lite. I don’t know if Clean Links for Google works good.

p.s. The Wi-Fi on TX-8150 is turned off. The iTune music is connected to it via Category 7 cables. I believe it is more stable than the wireless between Music on iPhone and TX-8150. And 1.1.1.1 on iPhone would be better than nothing.

 

Source code for “Help”

1. Source code:

Help sample code is at dropbox.

2. Note:

  • The sample code includes webView Help and screenshot Help.
  • The main Window is designed by NSSplitView. ① Left:NA, ② Center:google, ③ Right:screenshot Help.
  • The webView Help becomes effective when “Help” in the top bar is clicked.
  • The content block filters should be redefined.

I found issues on Xcode10.0 / Mojave but nothing to do so far.

  • Unable to load Info.plist exceptions (eGPUOverrides)
    → Xcode / Mojave bug?
  • Code Compatibility
    helpImage.append(NSImage(named:NSImage.Name(rawValue:wImageEnglish[inx]))!)
    → helpImage.append(NSImage(named:NSImage.Name(wImageEnglish[inx]))!)
  • When App Sandbox turns on, the sample code cannot read a URL.

3.1 Screenshot Images:

Image20180809.001

3.2 webView Help:

MesaExif.002

3.3 Screenshot Help

MesaExif.001

MesaExif1.4.0リリース

MesaExif1.4.0がAppleから承認されました。

今回、バグ修正のほか、UIレイアウトを追加・変更して使いやすくしました。また、Exif3.23対応のためいくつかメタデータを追加しました。
また、Privacy Policy対応が必要となったため最低限の対応をしました。今後、内容をAppleのPrivacy Policyに近づけていく予定です。

初期のアプリのためプログラム構成がよくなかったので一通り見直しました。MesaExif.003

Swift:NSImageをアイコン名で処理

Assets.xcassetsに入れたイメージをそのアイコン名で処理する方法についてのメモです。

Image20180809.012

やっていることは初期処理で、次の2点。

  1. helpE0〜helpEn、helpJ0〜helpJnの登録済みのイメージの名前で配列を作ります。
  2. 作成したイメージ名配列に従い、イメージの配列を作成します。

Screenshot 2018-08-20 10.43.08

Swift:Help実装

全部のmacOSアプリにHelpを実装しました。

方式はNSSplitViewを使い、左側にwebページ(PagesのUser’s Guide)、右側にscreenshotを用意しこれをdefaultとしました。

出来はそう悪くありません。Pagesをviewerとする方法も悪くありません。Acrobatが古いせいか、PDFの品質がイマイチだったことを思うと、Pagesを使う案は捨てたものではありません。どの道、macOSだけに有効なので問題なしと感がています。

ひとつだけ気になり不満を感じるのは、NSSplitViewの制御ができなかったことです。境界線deviderを動かしたとき、そのイベントが拾えれば良かったのですが、actionでもとれませんでした。

秋のはじまり

Swift:Sandbox + WKWebView

ヘルプの実装を検討中にSandboxでNetworkにもチェックを入れなければならないことを再認識しました。

webページの読み込みがうまくいかないのでMesaClip for macOSを調べたら、NetworkのOutgoing Connectionにチェックが入っていました。これは要注意と思った次第です。

Image20180809.005

Helpの実装に際して、サマリーとしてscreenshot画面を表示し、User’s Guideの詳細を見たり検索したいユーザーはPagesからファイルを読み込む方式にしたい、と考えたのです。

2画面アクセスにするかどうか少し迷ったのですが、NSSplitViewで実現することにしました。切り替えに少し時間がかかりましたが、妙手は見つかりませんでした。web pageとscreenshotの切り替えは、それぞれのviewの横幅が大きい方に合わせることにしました。

使い勝手は、まあまあです。Image20180809.007