つながらないソフトバンク

NTTドコモが競合差別化で進めてきた「つながらない」携帯電話、つながらないソフトバンクは、もはやNTTドコモ自体に跳ね返ってきたようですね。

せっかくiPhoneを売りはじめたのに、NTTドコモはiPhoneで逆差別化されてしまいました。

Engadget JapanがiPhone 5sで3社のLTE速度を調査しました。その結果を見ると、No.1はauか、見方によってはSBMです。実際は、SBMとauはほぼ同じと言っていいでしょう。それに比べて、明らかにNTTドコモは見劣りがしますので、これは実力ということになるのでしょう。

二分の一のスピードじゃないか!ガツーン。

この調査のポイントは、同一機種で実施した、ということに大きな意味があります。従来、NTTドコモが一番と考えられていたのですが、こうした結果をみると、「やはり逆転していたのか」と感慨深いものがあります。NTTドコモの経営の怠慢と殿様商売の甘い水を飲み過ぎた社員の想像力のなさと傲慢さがこうした危機的状況を呼び込んだのでしょうか。

このことはiPhoneをNTTドコモが売り出す前から指摘されていたことで、SBMはそのようなマーケティングを準備してきました。NTTドコモがNo.1でないこと、それどころか、最下位であることが重要です。

ドコモ au SBM
山手線 10.08 20.05 17.01
地方 2.19 8.396 8.399
混雑 13.14 14.62 16.10
地下鉄 16.75 33.04  38.37
総合 9.93 18.37 18.32

もちろん、つながらないとパフォーマンスは意味が違うというのは、その通りです。しかし、経験的に、ほぼつながるところでは、3社ともほぼつながるものです。そうなると、どこが一番スピードが速いかがつながる意味になります。

もっとも、安定性が重要という点に関しては、3社とも似たようなものかもしれません。瞬間風速のスピードテストに何の意味があるの?と問うならば、その通りです。

せっかくゴールドを買っても、ブロンズでは?

もちろん、ひとりごとです。

Rumors of gold iPhone

Advertisements

Autumn Leaves (2)

力づくで57曲のうち、きのう聴けなかった残りの35曲をすべて聴きました。

なんと言ってもKieth Jarretが最高でした。アルバムは、Still Live、Tokyo ’96、Up for itで全部ライブ録音になります。録音の新しいUp for itが一番ノリがいいと思いました。思わず、ChangelessのDancingを思い出しました。17分弱で長いです。去年の末、ソウルに行ったとき、その一週間前にKieth Jarretが来ていて、演奏を聴きに行けなくてとても残念でした。

Mal WaldronのMal 81がLeft Aloneと同じようにリフレインで世界を築いて行くのに対して、Keith Jarretはリフレインや伝統的な手法から離れて行くことで、世界は調和したひとつのものの中に閉じ込められていないことを表現しているような気がします。

KEITH JARRETT - Up For It (with Gary Peacock and Jack DeJohnette) cover

Sarah VaughanのCrazy and Mixed Upはすべてスキャットですが、傑作です。

Crazy and Mixed Up

MALTAのThe Balladsはきれいにまとまっていて、文句のつけようがありません。だから「味がない」と言ってしまえば、そこで終わりです。それでも、Winter Bestの中のものはダメでしょう。

My Ballads

Manhattan Jazz QuintetのAutumn Leavesはイヤホンで聴くのに向いていません。それと、アルバム全曲の中で聴いてはじめて味があります。Recado Bossa NovaとかConfirmationで盛り上がったあとに聴くことに意味があります。疲れたときは、Manhattan Jazz Quintetですよね。

枯葉

Miles DavisのMiles In Berlinは長いこと何回も聴いたせいか、もう感動がどこかに行ってしまっていました。代わりに、Nat AdderleyのAutumn Leaves: Live at Sweet Basilには、新たな発見がありました。20分と長いこともありますが、ゆるやかで許容する懐の深さも重要なんだろうなと思わせるところがありました。

Red GarlandのGroovin’ Liveは長いこと聴いていませんでしたが、あとでアルバム全体を聴いてみたいと思いました。

Autumn Leaves: Live at Sweet Basil

もう彼岸花はほとんど終わりです。これは最後のひと咲きで、群生していました。見た目はきれいですが、さわるとくさくて苦みがあるので、嫌われるのだと思います。農家の方が草を刈るときに注意深く残してくれているので、こうしてきれいに咲いています。ところどころでは、腹いせに草と一緒に切られています。打ち捨てられてしまう彼岸花にも、宿命みたいなものがあるのでしょうか。

今朝は寒かったのでウィンドブレーカーを来て出かけました。きのうは少し風邪気味で早目に薬を飲んだのが良かったのか、今朝は快調でした。

IMG_2617

Autumn Leaves

アキレス腱損傷のリハビリにウォーキングをしています。毎日10km。ランニングに比べると、時間がかかるのが難です。きょうはずっとAutumn Leavesを聴きました。

聴けたのは57曲のうちの22曲だけでした。

ジャズ・スタンダードなのでどの演奏家もしっかりした演奏をしています。

中心にはないものの、Chick CoreaのPlay with Bobby McFerrinは、Bobby McFerrinが笑いを取りながら最後にはじっくり聴かせてくれます。まちがいなく、最後には、だれしも拍手喝采です。なんと言っても、楽しいです。

ああ、なるほどねえ、と思わせたのは、Eddie HigginsのIt’s MagicとEuropean Jazz TrioのNorwegian Woodでした。Higginsのアルバムは、Scott Hamiltonが聴かせてくれます。聴きやすいのは、きっと録音が新しく全体にボリュームがあるからなのでしょうか。しかし、聴きやすいだけに味気なさもあります。なんか心地よく音が通り過ぎて行くだけに、心を揺さぶらない感じがあります。

意外と味気なかったのは、Cannonball AdderleyのSomthin’ Else。多分、イヤホンで聴いたせいではないか、と思います。このアルバムはLPを買って何回も聴きました。このアルバムはとても気に入っています。タイトルもいいですよね。

今、もう一回聴いています。なかなかいいです。スピーカーで聴くのが一番ですね。

きょう聴いた中では、Bill EvansのPortrait In Jazzが一番でした。Art PepperのIntensityもいいのですが、Dolo Cokerのピアノの反応が少し単調過ぎました。

Benny Golsonが好きなのですが、JazztetのReal Timeは少しおとなしく控え目でした。Gone with Golsonの方が盛り上がりました。

Real Time

すっかり秋です。ススキの穂が風に揺れ、空は雲が秋の形になってきました。
IMG_2605

Apple地図アプリを使うのは命がけ

Appleの社員は、自社の地図アプリを使って崖から落ちたり、川や海に突っ込んだり、道無き道に誘導することがないことを自ら確認した方が良さそうですね。

「アップルの地図アプリ」で空港滑走路への突入が続出という記事には驚かされました。これは笑い事ではすまされません。社会問題ですよね。Appleはどのように責任を取るつもりなのでしょう?

回避策は、次の通り。

  • 「フェアバンクス国際空港に向かうことがあるなら、完全な住所を入力する」
  • 道路標識に従えば間違いない。

ここには、何事も信用し過ぎてはいけない、という教訓があります。

 

日本円はどこへ行く?

前回のFOMCのQE維持で日本の金融緩和が打ち消されたのか、やや円高傾向になっています。佐々木融氏は円高と言っていますけど・・・。

米QE維持でクロス円上昇のからくり
佐々木融 JPモルガン・チェース銀行 債券為替調査部長(2013年9月19日)

18日FOMCの結果

  • 第一に、量的緩和(QE)縮小は行われず、資産購入額は維持された。
  • 第二に、政策金利の予想も1.03%➡0.86%まで下方修正。
  • ※ 資産購入額の減少開始は12月17―18日のFOMCまで待たなければならない可能性が高そ うだ。

<米金利は低下、ドルは下落へ>

  • FOMCで資産購入額の減少➡FRBによる債券購入額の減少➡債券価格下落=長期金利上昇
  • 米長期金利のパタン:QE開始直前に低下(買)➡開始後に上昇(売)➡終了するかしないかくらいの時期から低下基調
    理由:QEが債券市場に与える影響は、需給よりも期待による買いの方が強い

<対エマージング通貨では円安が進む可能性>

  • 米金利低下、ドル下落の流れはドル円相場ではドル安・円高に寄与
  • クロス円、特に対エマージング通貨ではむしろ円安方向への動き
  • エマージング通貨・資産への投資はドルを調達通貨として行われてい
  • 米金利が上昇➡調達コスト上昇➡「ドル売り・エマージング通貨買い」のポジションを手仕舞い(ドル買い・エマージング通貨売り)ことになる。
  • ドルは最も弱くなることが予想されるのでドル円相場ではドル安・円高方向に振れる
  • 円はエマージング通貨をはじめとするその他の通貨に対しては弱くなると予想されるため、クロス円は円安方向に振れる。

5月18日に最安値をつけたあとのUSDJPYとEURUSDの比較チャート

  • EURUSDは上がEUR高・USD安
  • USDJPYは上がJPY安・USD高
  • 「USDJPYは100円を維持できない、他方、Euroは高値維持」というのが特徴的な現象。
  • 株価が下げれば円高加速というのは変わらずです。ということは、バブルがはじけなければ、円安とも言えますが、どうなんでしょうね。

スクリーンショット 2013-09-25 14.04.34

実りの秋

ことしは台風と雨が少なく、日照時間が長かったせいか、ぶどうも梨も甘く、とても出来がいいです。

スーパーマーケットにも早生みかんが並びはじめました。通常価格の二分の一よりもさらに安かったので思わず手が出てしまいました。「安さの限界に連日挑戦中」というキャッチフレーズは、ぜひ守って頂きたいものです。先日、コンビニでハウスみかんを買ったのですが、これは正直まずいでした。この早生みかんは、酸っぱくなく、おいしい部類でお買い得でした。

IMG_2567

秋月(梨)の横には、福岡産の柿と青森から来た津軽りんごも出ていました。このスーパーマーケットは総菜や寿司がまずかったので長いこと来ていなかったのですが、最近、料理人が変わったのか、とてもおいしくなり、また時々寄るようになりました。また、イオン系のマックスリューや西友系のサニーよりも野菜やくだものは圧倒的に安いのが特徴です。

そう言えば、JAが経営するAコープが一番寿司がおいしかったのですが、最近、全くダメになりました。やはり、おいしさは料理人の腕次第です。材料の鮮魚はどこもとれたてのものを使っていますからね。

IMG_2569

IMG_2570

ちなみに、何でも1個50円を切ったらお買い得かもしれない、と計算しています。トマト、みかん、梨、リンゴ、だいたいのものは70円から100円の間になっています。それで、おいしいものは必ずしも値段が高くない、というのは真実です。

最近の田舎のスーパーマーケットの作りは、駐車場もドラッグストアもアメリカのモールのような作りになっています。似ていない点は、田舎につきお客様が極端に少ないことです。それでも、マックスバリューとサニーは24時間やっています。近くに3つも4つも大型スーパーマーケットがある理由は理解できませんが、重宝します。20年くらい経てば、きっと人口も増えるのでしょうから、ニーズを先取りしているのでしょうか。

IMG_2575

iPhone 5s vs. Androidベンチマーク

XperiaをベースにしたAndroidベンチマークを作り、iPhone 5sとを比べてみました。

比較して見えてくるものは次のようなものです。A7プロセサの64ビット対応は他社もすぐに追随してくるでしょうから、旬な時期はすぐに終わることでしょう。基本性能として、バッテリーの持ち時間、カメラ解像度、ac対応が課題だ、と思われます。また、本質的な課題として、いつまでスマートフォンなのかということもあります。タブレット+Bluetoothでバイスで代用できるはずで、眼鏡や時計がそうした環境作りをしていくものなのでしょうか。

  • バッテリーの待受時間・音楽再生時間は、iPhoneはAndroidの40%弱でまだまだ改善が必要。
  • カードスロットがなくmicroSDXC対応ができていない。ストレージのサイズ16/32/64GBによる値付けになっていることが原因で、この改善は期待できそうにない。
  • カメラの画素数は見劣りする。バッテリーと同じく40%弱。
  • 動画も60fpsに対して半分の30fps。
  • NFCは、お財布携帯の世界標準が何かによって決まって来るのだろうか?
  • 無線充電は興味深い将来技術。安全性と効用が課題?
  • ac/デュアルバンド対応は時間の問題で必須になるだろうが、acの普及スピードが課題か。
  • DLNAは特に必要性を感じないが、防水防塵はあってもよさそうな気がする。

Apple
iPhone 5s

Androidベンチマーク
Xperia Z1
Galaxy S4
LG G2

寸法

123.8 x 58.6 x 7.6mm

137 x 70 x 8mm

重量

112g

134g

画面サイズ

4インチ

5インチ

解像度

1136 x 640 (326ppi)

1920 x 1080 (441ppi)

ディスプレイ

Retina ディスプレイ

トリルミナス ディスプレイ

バッテリ

3G通話10時間
3G待受250時間
音楽再生40時間

3G通話15時間
3G待受850時間
音楽再生110時間

ストレ

16/32/64GB

16/32GB

ドスロット

なし

microSDXC

背面カメラ

800万画素
True Tone フラッシュ

2070万画素
LEDフラッシュ

前面カメラ

120万画素

200万画素

画撮影

1080p@30fps
720p@120fps

1080p@60fps

NFC

非対応

対応

無線

非対応

対応

Bluetooth

4.0

4.0

プロセッサ

Apple A7 (64bit)
M7コプロ

Snapdragon 800
(4コア 2.2GHz Krait 400)

GPUコア

非公開

Adreno 330

RAM

非公開

2GB

映像出力端子

Lightning

MHL

WiFi

802.11a/b/g/n
(11nのみデュアルバンド)

802.11a/b/g/n/ac
デュアルバンド

OS

iOS 7

Android 4.2

その他

指紋センサ

防水防塵
DLNA対応
Sボイス、Sジェスチャー

参考:iPhone 5s 対 Xperia Z1 対 Galaxy S4 対 LG G2、各社フラッグシップ詳細比較