高速無線LAN IEEE 802.11ac

速ければ速いに超したことはない

1Gbps超の11ac無線LAN対応機が各社から発表されました。11acは、11nの450Mbpsよりも2倍から3倍速くなります。ただし、現時点では、PC/Macが11acに対応していませんので、11acの子機をつないで高速化を図ることになります。

価格は、リリース直後というこもあり、まだ高目ですが、そのうちにこなれてくるでしょう。

メーカーの触れ込みに同時に何台TVを見れると解説があるところを見ると、家の中には、まだ大量データを高速に処理したいニーズがTVくらいしかないのかもしれません。しかし、TVは地上デジタル放送と衛星放送で十分という考えのひとには、同じお金を使うなら、タブレット端末の方が優先どが高くなってしまい、11acは先送りになることもあるでしょう。

企業ユースで言えば、フリーアクセスの中にうなぎのように這いまわるイーサネットケーブルを取りのぞき、ようやく視覚的に管理できる時代に到達した感があります。それと、なんと言っても、将来性という点では、3Gbpsはとても魅力的です。もちろん、もう少し先の先の話になります。

プラスマイナスはいろいろです。本当に価格がこなれてきて、できれば現在使っている無線LAN機器が壊れてしまえば、無線LANも速ければ速いに超したことはありません。

製品名 スピード MIMO 価格
AtermWG PA-WG1800HP / NECテクニカ 最大1,300Mbps 3×3 1万9000円前後
AtermWG PA-WG1400HP / NECテクニカ 最大867Mbps 2×2 1万6000円前後
WZR-1750DHP / バッファロー 最大1,300Mbps 3×3 17,998円 @Amazon
WZR-1166DHP / バッファロー 最大867Mbps 2×2 14,260円 @Amazon

家庭で大量データにアクセスするニーズ?

現在、無線LANの主流は11n/gと11n/aで、100Mbps〜300Mbps、450Mbpsの速度です。なぜ無線LANだったか思い出してみると、少し昔、家庭内でも、100Mbpsを超えたあたりから無線LANの方がイーサネットケーブルよりも現実的で有効になってきました。有線だと、クライアントの台数が増えるに伴い、配線の煩わしさや維持・管理の問題が出てきました。なんと言っても、景観上の問題は電源ケーブルと同じくらい手に負えないものになってしまいました。

それでも、一度は有線イーサネットで1GBを使ってみたのですが、実のところ、家庭ではそれほど大きなデータを動かす用途がありませんでした。それに、100Mbpsとたいして変わらないという体感上の問題もありました。動かすデータもないのに、10倍の速さにならないという体感上の問題です。

ハードディスクの中で大きなものと言えば、PC/Macのバックアップ、インストール用のOSやアプリケーションをHDDにコピーしたもの、操作手引書、iTunes楽曲ファイル、デジカメで撮った写真・動画です。この中で、ここのところどんどん増えているものは、iPhoneやiPod Touchで撮った写真や動画です。大きいサイズのデータで共有する必要があるものがネットワーク上で行き来するデータのはずですから、高速無線LANの必要性は写真・動画・iTunes楽曲になるのでしょう。調べてみたら、筆者の場合、iTunes楽曲は4,000アルバムで400GB強でした。今後増え続けるとしても、1,000GB程度までなのでしょうか。この点、写真・動画はまだ20GB程度ですが、最近、写真の代わりに安易に動画を撮っていますのですぐに100倍くらいにはなってしまいそうな気がします。クラウドの有料化はそこらを見越しているのでしょうね。

ところが、テレビはインターネットで見る必要を全く感じません。ビデオに全チャネルを録画して、あとから好きな番組だけ見ればいいし、リアルタイムで直接見てもいいのですから、インターネットのニーズがないと言い切ってもいい気がします。しかし、もし何か困るとすると、映画をダウンロードして見たい(オンデマンドで映画を見たい)というのはありそうな気がします。仮にそうだとしても、少子化の時代にあっては、同時に何台ものTVに絵を映し出すニーズはそう多くないような気がします。二人暮らしであればなおさらです。

そうやって考えていくと、インターネットにアクセスして家庭の大量データをアクセスするニーズは、プライベートクラウドが簡単に構築でき、セキュリティや共有設定が簡単にできるツールやアプリに依存する、という思いがしてきます。大容量HDDと様々なタブレット端末・PC/Mac等はすでに利用できる状態にありますが、それらはインターネットを通じてApple、Google、Amazonなどのビジネスに寄与することに軸足を置いたものになっています。そちら側で確実にビジネスをこなして日々の糧を得ることはたいへん重要ですが、その軸足を変えることを基本戦略とすることも重要で、光のような「速さ」追求だけでは意味がないし、シリコンバレーには勝てない、という気がします。

便利にMac:起動・再起動のときの音を小さくする方法

Macを再起動させたとき、あるいはMacが勝手に再起動したとき、突然鳴る大きめのボワーンとかジャーンという起動音には、心臓がパクパクしてしまいます。このボワーンを小さくする方法があります。

フリーソフトもありますが、ここではターミナル(コマンドプロンプト)を使って変更します。アプリがいくつか出ていますが、ミュートするだけならこの方法が簡単・安心です。

  • アプリケーション➡ユーティリティ➡ターミナル
  • sudo nvram SystemAudioVolume=%01
  • ログオンパスワードを入れます。
  • 念のため、このあともう一度、sudo nvram SystemAudioVolume=%01を実行してみました。
  • OS X 10.9 / 10.10のいずれでも有効です。2014.10.21に再確認しました。注意事項として、再起動が必要なOSアップデートをしたあとに再設定する必要があります。

スクリーンショット 2013-08-21 8.05.51

補注:
%01は音量です。%01だとかすかに小さい音で聞こえます。完全に消してしまうと、PRAMクリアが必要になったときに不便です。
② sudo nvram SystemAudioVolume=%01を表示されたコマンドの後にcopy and pasteしてenterキーを押す方が簡単に実行できます。
③ PRAMクリアをしたあとは再設定が必要です。
④ ボリュームの大きさに合った音量になります😃
⑥ これだけのことにアプリを使うのは、安全性上、心配な気がします。それに、2つ試してみましたが、OS 10.10では狙い通りになりませんでした。

上記のターミナルコマンドでやる方法が確実でした。ただし、このページを自分ですぐに見つけられなかったので、ミュート、再起動、起動音、ジャーン、ボワーンなどのキーワードをこのーページに追加しました。

iTunes AirPlayを接続できないケース

問題点:
iMacにNEC WR9500N子機を接続した場合、インターネットとLAN Diskにアクセスできるのに、iTunesのAirPlayの接続ができない(AirPlayを有効にできない)という問題があります。OKのケースとNGのケースは図の通りです。

やってみたこと:
なお、①PRAMクリア、②キーチェーンの削除、③電源オフ/再起動などをした上で再確認しましたが、まだ問題は解決していません。iMacに接続するNEC WR9500N子機の設定の問題かもしれないと、設定を何回か見直したのですが、それらしい原因が思い当たりませんでした。なお、図中の子機はWANポートに接続したことになっていますが、LANポートに接続しても結果は同じでした。スクリーンショット 2013-03-29 21.58.39

Pocket WiFi GL04P vs. GL01P

外で使うときに75Mbps対応できないと不都合があるため、使っていたPocket WiFi GL01PをGL0P4に無償交換してもらいました。きょう届いたので、早速、入れ替えました。なるほどと思われた点は次の通りです。

  • GL01PはUSB接続でないと75Mbps対応できません。GL0P4は無線LAN接続でも75Mbps対応しており、実効速度も最大で8Mbps出ました。ただし、何回か計測すると、実効速度は2Mbps〜8Mbpsと巾があり、同時接続台数やLANディスクへのアクセス頻度にもよりますが、何台かのクライアントつなげ、iTunesを同時に使ったとき、平均的には3Mbps〜5Mbps程度です。それでも、サクサクという感じです。
  • USB接続の仕方が異なります。GL01PはUSB接続ドライバを起動して明示的にUSB接続をクリックして手動でつなげます。
    しかし、GL04PはケーブルをUSBにつなぐと自動的にPCとインターネット接続されます。
    これは大きな違いで、Pocket WiFi➡USB➡PC➡無線ルータ➡クライアントの接続方式の場合、GL01PならUSBから外してしまうと、再接続にはUSB接続ドライバを起動して明示的にUSB接続をクリックしてつなげる必要がありましたが、GL04PはUSBケーブルを直接抜き差ししたあとでも、PCに自動的にUSB接続されます。これは家の中と外をシームレスにするためには必要な機能です。
  • GL01PはUSB接続したら、同時にGL01Pに無線LANで接続して利用できませんでした。しかし、GL04PはUSBに接続と同時に無線LANでも接続できます。別の言い方をするなら、あるクライアントはGL04Pにダイレクトにインターネットに接続することができるし、別のクライアントはUSB接続されたPCにつながる無線LANルーター経由でもインターネットにつなげることもできます。
  • 電源ON/OFFは専用ボタンになりました。長押ししないときはどのモードに変わるか気にしないですみます。
  • 細かな話ですが、USB電源ケーブル短め(17cm)と長め(120cm)の2本が付属しており、長めのケーブルはGL04Pの設置場所を選びたいときには重宝します。
  • 電源コンセントに直接させるUSB電源アダプタがついています。充電のためにPC/Macを持ち歩かなくても、壁のコンセントから直接充電できます。
  • クライアントとの転送レート/802.11nは、GL04Pダイレクトのとき144Mbps/2.4GHzです。NEC Aterm WR9500N経由のとき450Mbps/5GHzです。

参考:
—— BNRスピードテスト (ダウンロード速度) ——
測定サイト: http://www.musen-lan.com/speed/ Ver5.3003
測定日時: 2013/03/23 21:37:38
回線/ISP/地域:
————————————————–
1.NTTPC(WebARENA)1: 5.00Mbps (625.55KB/sec)
2.NTTPC(WebARENA)2: 4.18Mbps (522.2KB/sec)
推定転送速度: 5.00Mbps (625.55KB/sec)

http://kakaku.com/bb/speed.asp
測定日時  :13/03/31 23:29:42
回線種類  :モバイル
回線名称  :イー・モバイル
下り速度  :5.7M(5,711,661bps)
上り速度  :4.3M(4,283,401bps)

便利にMac:インターネットにつながらないを解消するPublic DNS

スマートフォンやPC/Macを使っていて、urlをクリックしても反応しない、フリーズ状態のまま待ち状態、またしてもインタネットが使えないという経験をされた方が多いのではないでしょうか。対処方法は、①そのまましばらく待って回復するのを待つ、②再起動する、③電源をOFF/ONする、④無線ルーターを再起動する等、いろいろです。

しかし、DNSをPublic DNSに変更するという手があります。この変更で、うまくするとブラウザの表示スピードが速くなります。筆者の場合、Google Public DNSに変更したところ効果がありました。

  • Public DNS: 8.8.8.8 / 8.8.4.4

参考
Pocket Wifi LTE GL04P でDNSルックアップエラー (Pocket WiFiのDNS変更手順を図示)
「魔法の数字8.8.8.8」を検証する (Google public DNSは本当に速いのかを論理的に検証)
より速いブラウジングのための DNS アドレス (Google public DNSについての解説)

th

便利にMac:無線LANの状態を確認

Macintoshで無線LAN状態を調べる方法

1. Mac OS 10.8でoptionキーを押したまま、メニューバーの無線LANアイコンをクリックすると無線LANの状態がポップアップします。

2. まだoptionキーを押したままで、現在接続されている無線LANをクリックします。

3.  ポップアップが自動的に閉じます。

4. もう一度、optionキーを押したままで、メニューバーの無線LANアイコンをクリックすると、グレイアウトした文字で無線LANの状態が表示されます。

スクリーンショット 2013-03-20 20.35.30

Emobile Pocket WiFi 「GL01P」と「GL02P」の不幸

2012年の春、Emobile Pocket WiFi 「GL01P」は画期的な商品・サービスとして発売されました。そして、早速、もちろん深く考え抜いた上で、当時使っていたDoCoMo Xiではなく、Emobile Pocket WiFi 「GL01P」にピョンと飛びつきました。これは軽率と言えば軽卒、浅薄と言えば浅薄ですが、塞翁が馬でもありました。

事もあろうか、昨年末、消費者庁からEMOBILE LTEサービスが不当景品類及び不当表示防止法に違反するとして措置命令が出され、総務省からは広告表示の適正化を図るよう指導がされました。

2012年3月8日~4月14日の間に提示されたEMOBILE LTEサービスに関わる告知に「誤り」があることが判明したのです。要は、LTEを使えるようにするための基地局があるべき所になく、LTEルーター自体も75Mbpsに対応できるようになっていなかった、という内容です。
① 通信速度最大75Mbps(下り)
➡港区台場及びその周辺地域のみ75Mbps
➡そのほかは30Mbps
② EMOBILE LTEエリア 東名阪主要都市人口カバー率99%(2012年6月予定)
➡港区台場及びその周辺地域のみ

ソウルの南大門市場では「本物の偽物だよ」と偽物を売っているお店があります。これは、まあ、愛嬌です。しかし、Emobile Pocket WiFi 「GL01P」は、契約にあるものとは違うものだった訳で明らかに悪質です。中には、マーケティングの担当責任者や担当役員の責任の方がさらに大きな問題だと考えるひとも多いでしょう。

利用者にとっての問題は、仕様と明らかに違うものを買わされてしまったのだから、①契約の解除や利用期間における補償・賠償をどうしてくれるのか、②現在のサービスを継続する場合、一体全体どうしてくれるのか、という二点があります。当然、普通のあたり前の企業として、この問題には利用者が納得できる対応がされることでしょう。また、再発防止についてもあらゆる対策が打たれることでしょう。この問題に対する答えは、ある意味では明確であり、解決策がある限りそう心配するようなことではないと思われます。

ところが、仕様や規格に準拠したとしても、回線スピードの性能が出ない、遅い、スピードが安定しない等、ネットワーク環境に依存した性能の劣化に対する答えや、製品が持っているポテンシャル、たとえばファームウェア対応で100Mbps以上にも対応可能といったことについて答えは、だれも担保できないものです。それで、サポートセンターに電話しても、奥歯にものが挟まったような言い方でお茶を濁されるか、「できません」「保証していません」と素っ気なく突っ返されるかになりがちです。しかし、利用者としては、購入したあとにどうなっていくか、どのようにハードウェアやソフトウェアが維持・改善されるかがより重要です。逆に言えば、サービス提供者側には、それはロイヤルカスタマー作りのキーのひとつになります。

オーバートークやトリッキーな仕様提示でマーケティング活動をすることはまちがっています。しかし、販売後のサポート/メンテナンスにより商品力が維持されることは、利用者にとっても重要なことです。キャリアにとっての問題は、販売後のサポート/メンテナンスにかかるコストをどこから回収するかなのでしょうが、これには手がない訳ではありません。キャリアがまだ頭を100%使いきっていないので、あたり前のアイデアが浮かばないだけの話です。戦略検討が未熟であるため、真の競合差別化ができていないのです。

Emobile Pocket WiFiには多くの優位性がありますので、変なところでつまづきエネルギーを消耗しないで、きっちり先へ歩を進めてもらいたいものです。

LTEルーターの通信速度 vs. 実用レベル

この12ヶ月間、固定電話回線をやめて電話は携帯電話に、データ通信はPocket WiFi GL01Pにして、身を以て本格的なモバイル通信のトライアルをしました。いろいろ学習しましたが、こと通信速度についてはやや感傷的な面を完全否定しきれないところにすっきりしないものがあります。

水を飲みたいとき、水道の蛇口をひねれば水が出て来るのでなければ少し困ったことになります。だからと言って、水道管が破裂したかのようにバシャッツと出て来ても、かえってコップに水をためにくく困ったことになります。もちろん、チョロチョロでは話になりません。

ずっと昔からキャリアやインタネットプロバイダーは通信速度の速さを売りにしてきました。はじめは、64Kbpsより128Kbpsが良く、256Kbpsはその4倍と売り込んでいた時代がありました。それがあっという間に50Mbpsになり、今では、LTEで100Mbps超のサービスも始まりました。そして、速いことはいいことだ、その分のコスト負担は当然受け入れるべきだ、と教え込まれました。

しかし、仕様や規格よりも重要なのは、実効速度と安定的に使えることです。キャリアの売り文句にはいつも負けてしまいますが、実際はどうなのかが常に重要です。

たとえば、Pocket WiFi GL01Pは売り出されたとき、下り75Mbps、規格上は112Mbpsまで対応と高々に謳っていました。しかし、実態は、仕様上でも30Mbps程度であったことが昨年末に判明しました。

しかしながら、この12ヶ月間を通じて言えることとして、そうした仕様と実際が違うことが固定電話回線をやめてLTEルーターだけにしたことに悪い影響があったかというとそうではありません。なぜかというと、LTEの恩恵に預かれたのは3ヶ月間だけで、残りの10ヶ月間はLTEの対象地域でないところで利用していたからです。

それに加え、はじめの3ヶ月間はNTTドコモのL-09CをLTEで使えたのですが、Pocket WiFiと比べて決定的に速いかというとそうとも断言できず、LTEはやや期待はずれでした。それで、基本的にはPocket WiFiに一本化してネットワークを組み利用してきました。

確かに3Gの42MbspとLTEの30Mbpsではどっちがどうかわかりにくいし、実際もそうです。また、NTTドコモのL-09Cにしたところで到底75Mbpsで動いている実感がしたことは一度もありません。それらは似たようなものでした。

むしろ、3G回線は通じているがインターネットプロバイダーのサーバーがおかしくなったり、LTEの対象地域になりはじめにときに起きた回線断の方が事は深刻でした。原因不明のお手上げ状態の間にも、金融市場はどんどん動いてしまうからです。ヘルプセンターが稼働していない9時前にこうした大問題が起き、たいへん閉口しました。全く、損害賠償ものでした

それから、もっと悲しいのは僻地に行ったときです。電波を拾えず、アンテナが1本立つかどうか。ソフトバンクが受信アンテナを建てはじめたときは、関係のないのに、なぜか資本参加に淡い期待を寄せ、うれしくなりました。

現時点では、Pocket WiFi GL01Pと無線LANでつないだときは1.8Mbps、USB接続したときは9.3Mbpsの実効速度が出ています。これがLTE 30Mbpsと75Mbpsの実力なのでしょうね。今にして思うと、NTTドコモのL-09Cが遅かったのは、利用者数との関係もあったのでしょう。

それと、LTEルーターの速度だけでなく、PC/Mac間のファイル転送やLANディスクとのファイル転送による無線LANのオーバヘッドは無視できません。有線のギガビット・イーサネットにするか、高性能の無線LANルーターを使ってネットのロードを軽減する工夫も必要です。

素人は素人なりの苦労がたえません。問題が見えてこないときも多く、したがって解決のためのアイデアがポンポン出てきません。寂しい限りです。高望みはしていないのですけどね。