Googleのユーザデータの使い方はプライバシーの法律に違反

ユーザのデータを同社のすべてのサービスで利用するというGoogleの新方針は、オランダではプライバシー侵犯であり違法だ、とオランダ政府のデータ保護局が声明を出しました。

このニュースを要約すると、

  • 「ユーザのどんな個人データを集めて、一緒にして、どんな目的に利用しているかを、Googleはユーザに正しく知らせていない」それ故、Googleが集めたものはGoogleのものとなり、合法的な所有権と財産権があるのだから、どう使おうとGoogleの自由で権利であるという考えになるのは当然のことです。
  • 「今回のオランダ当局の矯正アクションが、今後のGoogleのユーザデータの集め方や使い方に良い効果を及ぼすことを期待したいが、しかしそれは、空しい期待に終わってしまう可能性もあるね」
    一番ありそうなことです。

集団訴訟に持ち込まれない限り、問題解決の糸口は見つからないでしょうね。圧倒的な絶対多数が得ることになる圧倒的に小さな損害賠償金が巨大な損害をGoogleにもたらすリスクが明確になれば、Googleはまともになるかもしれません。それまでは解決はお預けです。

いわゆる逆ロングテール理論による逆襲もしくは成長阻害。

IMG_1034瑞梅寺川(ずいばいじ)は博多湾に流れ込む 2013.11.24

Advertisements