Tag: NTTドコモ

つながらないソフトバンク

NTTドコモが競合差別化で進めてきた「つながらない」携帯電話、つながらないソフトバンクは、もはやNTTドコモ自体に跳ね返ってきたようですね。

せっかくiPhoneを売りはじめたのに、NTTドコモはiPhoneで逆差別化されてしまいました。

Engadget JapanがiPhone 5sで3社のLTE速度を調査しました。その結果を見ると、No.1はauか、見方によってはSBMです。実際は、SBMとauはほぼ同じと言っていいでしょう。それに比べて、明らかにNTTドコモは見劣りがしますので、これは実力ということになるのでしょう。

二分の一のスピードじゃないか!ガツーン。

この調査のポイントは、同一機種で実施した、ということに大きな意味があります。従来、NTTドコモが一番と考えられていたのですが、こうした結果をみると、「やはり逆転していたのか」と感慨深いものがあります。NTTドコモの経営の怠慢と殿様商売の甘い水を飲み過ぎた社員の想像力のなさと傲慢さがこうした危機的状況を呼び込んだのでしょうか。

このことはiPhoneをNTTドコモが売り出す前から指摘されていたことで、SBMはそのようなマーケティングを準備してきました。NTTドコモがNo.1でないこと、それどころか、最下位であることが重要です。

ドコモ au SBM
山手線 10.08 20.05 17.01
地方 2.19 8.396 8.399
混雑 13.14 14.62 16.10
地下鉄 16.75 33.04  38.37
総合 9.93 18.37 18.32

もちろん、つながらないとパフォーマンスは意味が違うというのは、その通りです。しかし、経験的に、ほぼつながるところでは、3社ともほぼつながるものです。そうなると、どこが一番スピードが速いかがつながる意味になります。

もっとも、安定性が重要という点に関しては、3社とも似たようなものかもしれません。瞬間風速のスピードテストに何の意味があるの?と問うならば、その通りです。

せっかくゴールドを買っても、ブロンズでは?

もちろん、ひとりごとです。

Rumors of gold iPhone

引潮に流されるソフトバンク横並び戦略

他社が値下げするならソフトバンクもただちに追随。そんな横並び戦略が仇になる日が来たかもしれません。

auに続き、NTTドコモでもiPhone販売がはじまります。もはやiPhoneはソフトバンクの専売ではありません。料金が同じなら、iPhoneはどのキャリアでも良くなりました。わざわざキャリアを変えなくても、iPhoneはどこでも手にできるようになったのです。

横並び

  • iPhoneはどこでも買える
  • 料金は似たり寄ったり
  • サービスはAppleやGoogleに依存
  • Android端末という選択も構造的には同じ

ソフトバンクにとっては、3人のお客様のうち2人はほかのキャリアに行くかもしれない、ということです。従来、料金体系やサービスを他社と横並びにすることでキャッチアップを図ってきたソフトバンクの横並び戦略は、この新しい局面では、逆風になるのでしょうね。特徴なり特典がないのなら、auかNTTドコモにしたいというお客様はいくらでもいるからです。

何よりも、iPhoneを待ち続けていたNTTドコモのお客様は「待っていた甲斐があった」と感謝・感激していることでしょう。

NTTドコモはauの追い上げを横目でじっとフォローしてきたのでしょうね。そして、そのプラス効果に耐えきれなくなったのです。それに、AppleもNTTドコモに売ってほしかった。両者ともiPhone新製品発表のタイミングを待っていたのですね。

このことで何が言えるでしょうか?

NTTドコモiPhone参入で起きそうなこと

  • 3社とも横並びになる
  • 後発のNTTドコモが一番iPhone導入効果が大きくなり、ほかが追随で逆転現象が起きる可能性あり
  • 一番得をするのはApple
  • 一番割を食うのがソフトバンク
  • データ通信の最先端キャリアとがんばってみても、中身はAppleとGoogleなので空元気、むなしい
  • 横並びが逆差別化になる可能性大

まあ、そんな構造でしょうか。

そういう中で、イーアクセス(EMobile)の4G/LTEデータ通信料金が従量制になり、他社と横並びになったことは致命的でした。

NTTドコモのiPhoneの導入によりスマートフォンの選択肢は単純化されてしまいました。NTTドコモ、au、ソフトバンクという昔ながらの優先順位で問題ありません。多くのひとがそう考えるのでしょうね。

Photo from: www.tpa.or.th

追記:重要なことは、NTTドコモが巻き返しを図ろうが、ソフトバンクが引き続き邁進しようが、AppleとGoogleの肥やしにしかならない、ということです。