Tag: Twitter

便利にMac:Twitterのノイズを除去Before/After

Twitterのノイズを取る前と後の違いのサンプルです。

あくまでサンプル用に作成したものです。Forbesをノイズとして取り除いた例になります。フィルタの作り方は昨夜のページを参照してください。

Before:Forbesが表示されています。スクリーンショット 2014-05-24 09.18.06

 

After:Forbesが消えています。スクリーンショット 2014-05-24 09.19.00

便利にMac:Twitterのノイズを除去する方法

Twitterでは、多種多様な情報や意見が交錯します。自分にとって不要なツィートを除去する簡単な方法がわかりました。

多くの方が広告や追跡cookieを除去するためにFirefoxのアドオンのAdblockPlusかAdblock Edgeを使われている、と思います。これにElement Hiding Helperを追加して、あとはフィルタを登録するだけです。

Firefoxアドオンを利用した場合、①Hide Twitter Guffは重くてFirefoxが動かなくなる問題があり、②別の英語版アドオンは異常終了する問題が発生したので、両方とも利用するのをやめました。

代案を探していたら、Element Hiding Helperが見つかりました。これは軽快で安定しています。サイレントにしたツィートのスペースを詰めて表示するのも利点のひとつです。

簡単に使い方の手順を書いておきます。

1. FirefoxのアドオンのAdblockPlusかAdblock Edgeをインストール。ここでは、フィルタの登録の仕方がわかっている前提で書いています。

2. FirefoxのアドオンElement Hiding Helperをインストール。Firefoxの再起動不要。

3. フィルタを登録します。

  • IDでサイレントにする場合、raizangawaに相当する箇所にIDを記入して登録します。
    twitter.com##[data-screen-name*=”raizangawa“]
  • ニックネームでサイレントにする場合、雷山に雨に相当する箇所にIDを記入して登録します。
    twitter.com##[data-name*=”雷山に雨“]

4. 取り急ぎ作成したAdblockフィルタサンプルはここにあります。自分のdropboxに置いておけば、Adblock購読機能で自動更新可能です。逐次更新します。「理研」で検索したときのノイズ除去用です。

5. フィルタを作るとき、IDでサイレントにするよりか、ニックネームの方が全部登録しないですむという意味で簡単です。ただし、IDでフィルタリングした方が安全度は高いです。ニックネームは簡単に変更でき、変更されてしまうとおしまいです。IDを変えるには、削除してからになりますので少し面倒です。

備考:自分のDropboxにフィルタを入れて使う場合、/Users/??/Dropbox/共有??/raizan2ameTW.txtのような形式でフィルタを購読することができます。??の箇所は、自分のMacのファイルパスの定義に応じて変更する必要があります。

備考2:自分で都度登録したい場合、Adblock Plusの例を参照してください。ここを参照。でも、この方法は面倒ですよ。

IMG_3551

便利にMac:セキュア環境 3

Googleの次にwebサイト間の関係性を密結合させるものは、Twitterです。それから、アバタだけをサービスするGravatarも負けず劣らずよく使われています。

Twitter

Twitterは、今のところ、Googleの立ち上がりの頃と同じでほとんど広告が入らないので、3rd vender cookieを遮断するのは容易です。問題なのは、個人プロフィールのアバタは、全体をブロックする(Adblockのフィルタのデフォルト)に対して、個々にブロック解除する(自分で作成するフィルタ)しかないことです。これには、知識不足がたたっているかもしれません。

この問題をクリアできれば、なんとかなります。詳細は、便利にMac:セキュア環境完成 1を参照してください。

気になった点は、WashingtonPostのTwitterボタンが消せなかったこと、USA Todayのニュースページの各種ボタンもまた消せなかったことです。いずれも、開いても影響がなく、一応、Adblockのフィルタが効いているようなので良しとしました。

収拾がつかない一日に書いた問題点は、次のように理解しています。

  • 概要をクリックしたとき、Bingの翻訳が自動的に動いてしまう。WebページからBingに飛んでいる形跡はないが、そうなら、これをブロックするか、概要を使わないことを検討しないといけない。
    ➡Bingと直接的なリンクが張られないので、問題なしと理解。
  • 詳細を表示をクリックすると、該当するwebページに飛んで行く。TwitterのIDが相互にリンクされる可能性がある。これは利用しないことにするが、ブロックする方法を検討する必要がある。
    ➡Twitter本文の短縮URLから原文に飛べば、直接原文を開けるので問題なしと理解。
  • akamaihd.netはTwitterの壁紙をカスタマイズするときに必要とされる。当面無視。場合によっては、壁紙のカスタマイズをやめる。
    ➡Twitterの中で閉じているので問題なしと理解。

Gravatar

Gravatarはこのwordpress.comブログで利用しはじめたのですが、登録したものの削除もせず、ずるずる使っているうちに焼き付け刃的に対応をすることになりました。アバタとブログアクセスの統計情報の提供が主要機能のようです。説明では、Millions of avatar images are being served over 8.6 billion times per day. Join some of the other sites that use Gravatar.となっています。

Twitterボタンと同じではないかと思いますが、いわゆる3rd vender cookieなのでしょう。自分が踏まないようにしたいと願っています。

対応の詳細は、便利にMac:セキュア環境完成 1を参照してください。

IMG_0885どういう暮らしをしていたのでしょう? 2013.11.11

収拾がつかない一日

きのうからいろんなことを同時にやっていて、収拾がつかない一日になりました。

夕方、ようやく雨がやんだので、5km走り、6kmウォーキングをしてきました。ちょっとばかり、すっきりしました。天気予報では午後から雨がやむことになっていたのですけどね。待っているうちに食べて寝たのでいいとこなしです。

Javaを使うサイトは原則参照しない

きょうのひとつの成果は、言わずもがなではあるものの、原則としてJavaは無効にするべきです。そして、Javaを有効にしないと見れないサイトは、参照しないことを検討した方がいいです。

たとえば、ライフハッカーは魅力的なサイトなのですが、cookieの保存、lifehacker.jpとajaxgoogleapis.comのJavaを有効にしないと画像が抜け落ち、fonts.googleapis.comで表示するフォントが化けます。また、amazon.comをはじめとした広告もあります。テキストだけ読めば情報的には十分なので、そうしています。

ほかに、似たようなサイトとして、WSJ関係のサイトがあります。Javaを無効にすれば、無料の英語版は読めるようになります。日本語版は、元々、読む価値がないと思いますので、問題外です。このサイトのおかしい点は、WSJ USに行きたいのに、無理矢理、日本語版に持って行かれることです。頭がトチ狂っているのでは?

検索エンジン

  • VPNの利用によりgloval IPアドレスを直接見せない。
  • Redirect CleanerアドオンでURLのGoogleへのリダイレクトを修正。
  • Adblock EdgeでGoogle関係の3rd vender cookieをブロック(詳細は後述)。
  • 検索は、DuckDuckGoで完全にクローズできない。また、DuckDuckGo検索結果と密結合の構図を作る。よって、Googleにリダイレクトされないのであれば、検索はGoogleを使うのが現実的。

追記:最終的に、今やっている方法でいい、と判断しました。まだ試行錯誤のところもありますが、大筋問題ないと考えています。本文は11/12時点の情報で修正しました。

スクリーンショット 2013-11-10 23.29.12

Twitter、GravatarをAdblock Edgeでフィルタリングしたとき、Twitterとこのwordpress.comのブログでどう対応すればいいか、わかりました。

Adblock Edgeでブロック (形式は要検討継続)

  • twitter.com
  • twimg.com
  • gravatar.com
  • gravity.com

Twitterのwebページで解除

  • @@||cdn.syndication.twimg.com/widgets/timelines/*
  • @@||platform.twitter.com/embed/*
  • @@||pbs.twimg.com/*
  • Twitterの全表示ではない(=全解除ではない)

ブログraizan2ameのwebページでGravatar関係を解除

  • @@||gravatar.com/js/*
  • @@||gravatar.com/blavatar/*
  • @@||gravatar.com/avatar/da06df2f687ff14cfafa092d23acdd2b?s=256&d=identicon&r=G
  • @@||1.gravatar.com/avatar/4ef9d10be518327b16ff3195b350c56e?*

ブログraizan2ameのwebページでTwitter widgets関係を解除

  • @@||cdn.syndication.twimg.com/widgets/timelines/*
  • @@||pbs.twimg.com/*
  • @@||platform.twitter.com/embed/*
  • Fanboy’s Annoyance Listの##.twitter-timelineと#.widget_twitter_timelineの二つを解除する必要がある。

追記修正: @@||cdn.syndication.twimg.com/widgets/timelines/*では、MSN MoneyやWashingtonPostでTwitterバッジが残ることが判明したため、次のものと置き換えました。また、@@||pbs.twimg.com/*では冗長性が高いので、個別プロファイルを追加するように修正を検討中。

  • @@||platform.twitter.com/widgets.js?_=138*
  • @@||cdn.syndication.twimg.com/widgets/timelines/381265921072828417?*

Twitterの問題点

  • 概要をクリックしたとき、Bingの翻訳が自動的に動いてしまう。WebページからBingに飛んでいる形跡はないが、そうなら、これをブロックするか、概要を使わないことを検討しないといけない。
    ➡Bingと直接的なリンクが張られないので、問題なしと理解。
  • 詳細を表示をクリックすると、該当するwebページに飛んで行く。TwitterのIDが相互にリンクされる可能性がある。これは利用しないことにするが、ブロックする方法を検討する必要がある。
    ➡Twitter本文の短縮URLから原文に飛べば、直接原文を開けるので問題なしと理解。
  • akamaihd.netはTwitterの壁紙をカスタマイズするときに必要とされる。当面無視。場合によっては、壁紙のカスタマイズをやめる。
    ➡Twitterの中で閉じているので問題なしと理解。

IMG_0872夕暮れ 2013.11.9

便利にMac:Adblock Plusの黒い噂

「追跡スクリプトをブロックするとき、ひとつのアドオンにだけ依存しては抜け穴が作られているとき、問題を残す」ということについてです。

Google等の企業は、Adblock Plusに料金を払って自社広告を通しているらしいという記事が前々から引っかかっていました。

ゆうべ、Lightbeamの関連図を見ながら、LightbeamとAdblock Plusに自作フィルタを追加してどういう動きをするのか見ていました。

その中でたいへん不思議に思ったことは次の2点です。

  • twitter.comとfacebook.comを追加すると、TwitterもFacebookはブロックされ、正しく動かなくなる(表示されなくなる)。
  • しかし、google.comとはスルーされてしまう。フィルタを追加しても、Google検索は問題なく動く。つまり、Adblock Plusは、特定のcookieなりスクリプトをブロックしないようになっている。

このことから、Adblock PlusがGoogleから何らかの恩恵を受けていて、その見返りに何か特別なことをしていると考えるのは、邪推や言いがかりだと言い切れないのではと思えて来ました。

トラッキング防止をしてくれるアドオンがあるからと言って、100%信用するのはリスクです。Adblockは広告を消すアドオンですが、トラッキング防止もしてくれます。トラッキング防止を見落とし勝ちですが、よくよく考えておく必要があります。特に、日本語のcookieやスクリプトがAdblock Plus、Ghostery、Disconnectのどれにも引っかからないことも承知しておいた方がいいです。

まずは、Google、Twitter、Facebookをどうブロックできるか、今、そのことを考えています。

追記:① Adblock Edgeの方が良さそうなこと、それにAdblock Plusと同じフィルタを使い、同じlook and feelで使えるるので、Adblock Edgeに切り替えました。② Adblock Edgeの動きは基本的にAdblock Plusと同じです。したがって、同じようにgoogle.comを直接ブロックできません。しかし、このことは良かったり悪かったりです。

スクリーンショット 2013-11-05 21.46.02

モバイル端末の統計的な数字

今時の従業員を引き込む5つのハイテクツールとでも訳すのでしょうか?その中に「世界がもし100人の村だったら」的なおもしろい統計的な数字が出ていました。

  • モバイル端末を持っているひとの44%は、電話がかかって来たり、メッセージやソフトウェアのアップデートを見逃さないように一緒に寝ている。
  • 1分間に100時間のビデオがYouTubeにアップロードされている。
  • 5億人がTwitterに登録し、半分のひとが毎日ログオンして見ている。
  • Facebookには、11億人が登録している。中国、インドに次ぐ人口になる。
  • 「それを作れば彼らはやって来る」(映画Field of Dreams)アプローチでSNSを活用し、今時の友達作りが好きな従業員と情報シェアをしよう。
  • 世界の70億人の人々のうち、60億人がモバイル端末にアクセスする。米国では91%が携帯電話を持ち、56%がスマートフォンを使っている。6分30秒に1回、それらをチェックしていて、中毒症状にある。スマートフォンの場合は、赤ちゃんが生まれる間隔よりも短い。
  • 使っているアプリの平均は41個になる。
  • 36%の従業員が健康増進のためのツールを利用している。ことし、新たに36%が加わるだろう。
  • 32%が処方箋や保険会社のアプリを使っている。52%以上が次の3年間に新たに加わる見込みだ。
  • ライフプラン向けの貯蓄アプリだとか、イントラへのアクセスアプリだとかを提供することを検討した方がいい。
  • ゲームは体と心の潤滑油になる(B. フランクリン)
  • 高校卒業までに20,000時間ゲームをしている。20,000時間÷9年間÷365日=6時間/日
  • A picture is worth a thousand words’ resonates with today’s workforce. When USA Today appeared in 1982, it offered something revolutionary.
    Infographics = information + graphics, data + knowledge at a glance.
    Infographics are bold and beautiful. They’re clever. They’re an “easy read.”
  • 10年間で従業員への印刷物による告知は50%減少した。

High Tech Tools to Engage Today’s Workforce

この中で得られるいくつかの示唆のうち、まず、情報伝達手段の主役がPCではなく、携帯デバイス(スマートフォン、タブレット)に変わっていることがあげられます。情報の受信には、必ずしもPCのような大きな画面は必要でなく、むしろ、携帯性とリアルタイムに情報アクセスできる簡便性が優先されている、と推測されます。

その背景にあるのが、Infographics = information + graphics, data + knowledgeというコンセプトです。メールのような文字中心のツールから、写真や動画で直接的に情報発信できるFacebook、Twitter、YouTubeに軸足が移っていることに改めて注目する必要があります。文字情報が補足的な役割に変わって来た、ということでしょう。携帯電話やPCは写真や文字情報を特定の相手とやりとりするのに便利だったのですが、不特定多数とのコミュニケーションには、直観的に理解可能な写真や動画を特定の場所に簡単に置くソリューションが必要だ、ということです。これは、受動的なTVの視聴と似ています。黙ってスイッチを入れればいいのです。

もう一歩押し進めてしまえば、メールにこだわり、メールでこれまでの20年間のようにしごとをすれば、確かにオフィスワーカーの9:00-5:00のしごとは確実に確保できるものの、メールに代わるツールをビジネスで使いこなせないことで、欧米に遅れをとることになるのでしょう。つまり、メールの非効率的な生産性の見直しが必要だ、ということです。極論すれば、外でしごとが完結するのであれば、オフィスワーカーや管理職は不要です。オフィスのしごとは、今さら言うことではありませんが、単にアウトソーシングの問題です。

知らない間にも、ワークスタイルのパラダイムシフトが起きています。それのことに気がついていないとしたら、気がついていて手を打っていないとしたら、やはり大きな問題です。

 

フォローして役に立つTwitter

役に立つ、おもしろい、くだらないけど捨てられない、つまらないけど価値がある、そろそろ削除かな等々、いろいろです。その中で良さそうだというのを4つ紹介します。

フォローして良かったものです。もちろん、言うまでもなく、私にとって役立つ、私にとって良い、という意味です。

Engadget (E) 

フォローしなくてもいいのですが、画面スクロールして記載トピックスを探すより、数ラインで読めるので重宝しています。少し数が多いです。

Forbes (E)

最近、来たものだけを読みはじめました。事例が具体的で興味がもてます。

Fortunas (E)

ファンドマネジャーのリツリートが中心。全般に興味深く、できるだけ目を通しています。正直、情報のカバー率が高くなる気がします。銘柄おすすめ的な押し売りや情報操作的な感じはありません。Facebookはとてもきれいですが、役立たないなあという印象でした。一度覗けば十分です。

ITmedia (日)

少し泥臭いというか、データプロセシング系のものが混ざっていますが、記事は網羅的です。ちゃんとしています。ソフトバンク系。日本のニュースは翻訳しただけ、横流し、何も考えていません、頭はからっぽ、とすっきり系が巾を利かせている中でましな方だ、と思います。