Pocket WiFiの4つの接続方式

Pocket WiFiの接続方式として、次の4通りを検討・検証しました。これはSmall Network @Homeというコンセプトを実現する上で、どういう方式があるか、課題は何か、明らかにするために実施したものです。

モデル名

AirPlay

NAS接続先

備 考

1 イーサネットコンバータLTEルータ(親機)
➡ 子機(E’net conv.)
➡ 無線ルータ
➡ PC・Mac

Wireless切

無線ルータ

■ LTEスピードが上がらないとスピードが出ない。
■ 無線ルータが2台必要。
■ LTEルータの取り外しはシームレス。
■ クライアントの接続台数は制限される(10台まで)
2 PC有線ルータ化LTEルータ⇒USB
➡ PCルータ化
➡ 無線ルータ
➡ PC・Mac

Wireless切

無線ルータ

■ USB接続のため速度が速い。
■ ルータ化したPCは別の用途でも使えるが、設置場所の考慮が必要。
■ GL01Pは持ち出し後、USBの再接続が必要で面倒。
■ クライアントの接続台数は制限されない。
3 プライバシーセパレータ:OFFLTEルータ(親機)
➡ PC・Mac

Client mode

不可

AirMac Ex.

■ オーディオ/AVのデジタル化に難点。
■ LTEルータの取り外しはシームレス。
■ クライアントの接続台数は制限される(10台まで)。
4 PC無線ルータ化LTEルータ⇒USB
➡ PC無線ルータ化
➡ PC・Mac

Client mode

AirMac Ex.

■ SSIDのステルス化ができない。

3. NAS不可は、プライバシーセパレータを無効にしても、LAN Diskが見つからなかったことを意味します(要調査継続)。LAN Diskを諦め、OSのファイル共有で機能的には代用できます。将来、プライベートクラウド化を考えたとき、外側からPCにアクセスさせたくないという考えが働けば、容易に代案採用とはいきません。

パフォーマンスを上げるには、通信速度の速いWiFiルータを使い、PC/Mac間のデータ通信速度を上げることでインタネットアクセスも高速化できる。

補足資料:AirMac Expressの設定(ワイアレスはオフ)

イーサネットコンバータとAirMac Expressは有線LANでつなぐ。今回は単にAirPlay機能を使いたいだけなので、AirMac Expressのワイアレスはオフにする。ルーティング機能がオフになるので、クライアントはAirMac Expressに無線LAN接続はできない。

イーサネットコンバータにAirMac Expressを無線接続したい場合、AirMac Expressをクライアントモード(無線LANによるイーサネットコンバータ)にする。この場合、AirMac Expressのイーサネットポートはクライアント向けであり、無線LANルーターにつなぐとおかしいことになる。AirMac Expressをクライアントモードで接続する例は④にある。

スクリーンショット 2013-03-19 9.58.42